AX

プレミアムキャットフードが安全な理由

マグネシウム含有量を確認して安全なキャットフードを選ぶ

マグネシウムは猫にとっても必要な栄養素の一つですが、過剰摂取になってしまうと尿路結石などの病気を引き起こすことになります。

 

こうした事態にならないように、栄養が考えられた安全なキャットフードを選びましょう。

 

キャットフードの安全性について

 

なくてはならない栄養素の一つ、マグネシウム

 

人間も猫も、マグネシウムを適量摂ることは重要で、マグネシウム不足に陥ると様々な体調不良の症状を引き起こします。

 

マグネシウムはいろいろな役割を果たしますが、主要なものとしては代謝に関係して細胞の再生や血液の調整を行うのに欠かせません。

 

また、筋肉の収縮にも携わっているため、マグネシウムが不足すると運動障害が起こることもあります。

 

このように、体にとってとても大事な栄養素の一つですので、不足することがないように摂取することが求められます。

 

通常のキャットフードにはマグネシウムが含まれていますので、飼い主として心配することはほとんどないでしょう。

 

一方で、マグネシウムを摂り過ぎてしまうと他のトラブルを招くことになりかねませんので、過剰摂取には気をつけなければなりません。

 

キャットフードの安全性について

 

尿路結石を引き起こす可能性がある

 

マグネシウムを必要以上に摂ってしまい、その期間が長くなると、尿の中にマグネシウムがたくさん溶け込んでしまいます。

 

すると尿はアルカリ性に傾いてしまい、マグネシウムが結晶になりやすくなってしまいます。

 

マグネシウムが固まると石のような状態になり、尿路に詰まってしまいます。

 

すると、尿が流れにくくなりますので、極端に尿の量が減りますし、下手すると全く排尿ができなくなってしまうこともあります。

 

そのため、愛猫が急におしっこをしなくなった、もしくは一回当たりの尿の量がかなり少なくなったと気づいたら注意しなくてはなりません。

 

そして、尿路結石は強い痛みを与えますし、筋肉のこわばりなどの症状を見せます。

 

猫はその痛みを表現することはできませんが、きっと相当な痛みを感じていることでしょう。

 

キャットフードの安全性について

 

特にシニア猫には注意する

 

どの年齢の猫でもマグネシウムの摂り過ぎはよくありませんが、特に年齢のいったシニア猫には注意が必要です。

 

体に必要なマグネシウムの量も減っていますし、肝臓や腎臓の働きも多少なりとも落ちていますので、代謝がうまくできずマグネシウムが溜まってしまいがちになるのです。

 

より尿路結石になりやすい状態ですので、安全のことを考えてマグネシウム摂取量には気をつけるようにしましょう。

 

 

栄養バランス調整がされた安全なキャットフードをあげる

 

このようなかわいそうな病気をすることがないように、特にシニア猫にはマグネシウムの含有量が少なく、栄養バランスの調整がなされた安全なキャットフードを選んであげるようにしましょう。

 

栄養のことをしっかりと配慮した、安全で信頼できるものを買うことが大切です。

 

プレミアムペットフードなどは、猫の年齢に合わせて細かく栄養調整をしていることが多いので、安心してあげることができます。

 

自分でも栄養表示をきちんと確認するなどして、過剰な摂取とならないようにすることが肝心です。

 

年齢によって必要な栄養素の量が変わってくるということを意識して、いつまでも同じタイプのペットフードをあげることのないようにしましょう。

 

キャットフードの安全性について