プレミアムキャットフードが安全な理由

カロリーを考えながら安全なキャットフードを与える

安全で猫のためになるキャットフード選びの一つの要素に、適正なカロリーを持っているというポイントが挙げられます。

 

適正なカロリー量を計算して、それぞれの猫に合った健康的なペットフードを見つけるようにしましょう。

 


キャットフードのおすすめはこれですね

 

 

【まずは愛猫の適正なカロリーを計算する】

 

カロリーのあるペットフードをあげることは、愛猫が元気に活動して成長していくために欠かせないものです。

 

しかし、必要なjカロリー量をオーバーしてしまうと肥満体型になってしまいますし、高血圧や糖尿病などの人間で言うところの生活習慣病にかかってしまいます。

 

ずっと健康的に過ごすためには、正しい量のカロリーを与える必要があるのです。

 

そのため、まずは愛猫の適正なカロリーを知るようにしましょう。

 

一般的に必要なカロリーは、適正体重×60から80kcalという計算で求められます。

 

つまり、適正体重が4kgの猫であれば、240kcalから320kcalということになります。

 

ここで注意しておきたいのは、体重は現在の体重ではなく、それぞれの年齢や種類によって異なる、適正な体重であるということです。

 


キャットフードのおすすめはこれですね

 

 

【キャットフードの栄養表示をしっかりと確認する】

 

このようにそれぞれの猫に必要なカロリー量を計算できたら、毎日のキャットフードの上げる量を決めていきましょう。

 

ほとんどすべてのキャットフードのパッケージには、10gもしくは100gあたりのカロリーが表示されています。

 

その数値を見ながら、毎日あげるペットフードの量を決めるようにしましょう。

 

最初は計ったり計算したりするのが面倒かもしれませんが、一度計算してしまえば後は同じ量をあげるだけです。

 

ただ、このカロリー量は同じブランドの商品であっても商品ごとに異なりますので、違う種類のペットフードを買う時には計算を改めてする必要があります。

 

愛猫の体調と安全を左右するものですので、しっかりと確認するようにしましょう。

 


キャットフードのおすすめはこれですね

 

 

【高たんぱく質のキャットフードを選ぶようにする】

 

市販されているペットフードの多くには、トウモロコシや小麦を始めとする穀物が多く含まれています。

 

結果として炭水化物がメインとなり、カロリーが上がりやすくなります。

 

しかし、猫は炭水化物ではなくたんぱく質を必要とするものですので、穀物が多く含まれているペットフードばかり食べていると、カロリーの数値ばかり上がってしまって必要な栄養素を十分に摂れないことになってしまいます。

 

そのため、安全なペットフードを選ぶ際には肉類もしくは魚類がメインで、穀物ができるだけ含まれていない、高たんぱく質のものを買うようにしたいものです。

 


キャットフードのおすすめはこれですね

 

 

【シニア猫のペットフードには特に注意する】

 

カロリーの摂り過ぎはいろいろな問題を引き起こします。

 

特に年齢のいったシニア猫は、ちょっとしたことで体調が悪化してしまいます。

 

そのため、できるだけカロリーが低めで栄養豊富なものを選ぶことが大事です。

 

こうしたことを考えると、安全なプレミアムキャットフードを使って、シニア猫に特化した栄養バランスが考えられているものを選ぶのがベストです。

 

安全を考えるとこうした高い品質のものは、少し値段が高くなっても買う価値がある商品と言うことができます。

 


キャットフードのおすすめはこれですね